御林守河村家を守る会

アクセスカウンタ

zoom RSS 茂木健一郎先生著作選(2)

<<   作成日時 : 2012/06/25 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月22日は茂木健一郎先生藤枝市講演会の日です。

画像
第25回日本文芸大賞受賞『脳内現象』茂木健一郎著 NHKブックス)


クオリアMLに参加したのが2000年の6月、
それから何度か、
オフ会で茂木先生とお会いしました。

六本木のパブにひとり腰掛けて
みなさんを待っていると、
私のテーブルのななめ前に座ったのが、
茂木先生でした。

その張りつめた雰囲気に、
研究者の気配を感じました。

挨拶を交わすとき、
はにかむような少年の笑顔をうかべました。

私よりひとまわり以上若く見え、
純度の高い精神が
そのまま表情にあらわれていました。

いまお会いしても
そのときの印象とほとんど変わりません。

脳とクオリア』(1997)
のあとの茂木先生の著作としては、
生きて死ぬ私』(1998)
心が脳を感じるとき』(1999)
心を生みだす脳のシステム』(2001)
脳とコンピュータはどう違うか』(2003)
意識とはなにか』(2003)
などが私の手もとにあって、
それらは発売された日にたちまち読みおえました。

そして『脳とクオリア』につづく名作
脳内現象』(NHKブックス)が、
2004年6月、ついに世に出るのです。

著者茂木健一郎先生、編集者大場旦氏のこの作品は、
後に第25回日本文芸大賞を受賞します。

山寺からの景色、という名場面で知られるこの書は、
初期の茂木先生の金字塔のひとつとして屹立しています。

そのころから、
茂木先生の奇蹟の季節がはじまるのです。

つづきはまたあした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
茂木健一郎先生著作選(2) 御林守河村家を守る会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる