御林守河村家を守る会

アクセスカウンタ

zoom RSS <緊急速報>本日、7月16日、今から消防法により建物の一部を破壊する!

<<   作成日時 : 2014/07/16 06:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
画像
「御林守河村家住宅」奥座敷で 河村宗平肖像画に見入る茂木健一郎先生

画像
この部分を壊します



7/16

本日、消防法により、建物の一部を破壊します!

曾祖父が明治初年に建てた歴史的建造物です。
ひ孫の私が、
自費で、
すなわち自らの手でそれを破壊するのです。

島田市指定文化財「御林守河村家住宅」とは全く別の
隣接した建物ですが
一昨年ほど前から
「火災報知器を隣接家屋全体にも設置することが無理なら
隣接している一部を切り離せば良い」
ということになりました。

この一部始終は、録画し、写真に納めて、
公開いたします。

ご先祖様、曾祖父河村宗平様、
お許し下さい。

7/13

「消防法により建物の一部を破壊する!」
とはどのような意味かを説明します。

文化財に指定されている「河村家住宅」と
指定されていない脇屋があり、
現在はどちらも利用していません。

つまり文化財指定されたとき、
ふたつの建物は別であるから住宅だけが指定されたのです。

消防法により
住居には火災報知器の設置が義務づけられているようです。

一昨年前までは、
火災報知器の設置は指定されている住宅だけで良し、
とされていたのですが、
昨年から、消防署の見解で、
ふたつの建物は連結しているので両方に設置が必要である、
ということに変化しました。

指定されている住宅には市の補助がありますから、
島田市の文化課には感謝しております。

しかし脇屋は文化財指定されていませんから、
すべて自費で設置せよ、ということになりました。

しかしまったく利用しない脇屋に
とてもそんな費用を出費する能力が私にはありません。

それで、連結部分を破壊すればよろしい、
ということになったというわけです。

たとえ連結部分を破壊したとしても、
脇屋から火が出れば
軒を接している「河村家住宅」にはすぐに火が移ります。

6月末までに火災報知器を設置せよ、
と指示されていたのですが、
どうしてふたつの建物が連結していることになったのか
訝しい思いを抱えながら逡巡していましたので、
「消防法により建物の一部を破壊する!」のは
今週水曜日、7月16日になりそうです。

7/11

考えてみれば
消防署の担当者も法を守っているだけのこと。

彼らは文化財を火事から守る、
という点で職務を遂行しているのです。

誰が悪いというのではないのです。

誰も自らを正しいと信じて生きています。

ただ、文化財保護のように非生産的なテーマは
どのような解決策が正しいのか
とても見えにくいのです。

そんなに大変なら文化財を取り下げてしまいなさい、
というご意見もありますが
私が文化財と言っているのではなく
市が文化財指定しているのですから
それを取り下げるというのは、
公的に価値ある建造物を私的な困難さゆえに放棄する、
ということになって、
小心者の私にはなかなか思い切ることができません。

とはいえ、本日、破壊の施工日が決定されます。

すべては粛々と進行しています。

以下、昨日の文章です。

7/10

多くの皆さまから
たくさんのご意見をいただきました。
心より感謝申し上げます。

形あるものは必ず壊れます。
島田市指定有形文化財「河村家住宅」も
いつか壊れる日は来るのでしょう。

しかしまさか自分の手で壊すことになるとは
霹靂のことでした。

悪法も法なり。

今までの島田亜消防署予防課の担当者は
文化財指定された住宅と隣接する家屋とは
切り離されていると解釈して下さいましたので
今まで問題は起きてきませんでした。

ところが消防署の担当者が変わって
文化財「河村家住宅」と私個人所有の隣接家屋とが接続している、
ということになり、
消防法の問題から接続部分を切り離すことになったのです。

個人所有の部分ですから
自費で自分所有の建物を破壊するというのは
自分で自分の身体を切り落とすような
切ない感覚です。

しかし、悪法も法なり。

いよいよ実務は進行しています。

以下、昨日のブログです。

7/9

島田市指定文化財 御林守河村家住宅に火災報知器を設置する際、
消防法の問題で、
自費で建物の一部を破壊することとなりました。

文化財は寛政五年(1793)、
隣接する建物も明治初年の建築で100年以上経っているのですが、
消防法の問題ということで文化財と隣接家屋との接続部分を
自費で破壊することとなったのです。

その部分は指定されておりませんので、
島田市からの補助は無し、というわけです。

曾祖父が明治初年に建てた建築物を、
一部とはいえ、
自費で破壊するのは悲しいものです。

皆さまのご意見を賜りたく
メールなどいただければ幸いに存じます。

kabuto()mwc.biglobe.ne.jp
()を@に変えて下さい。

河村隆夫

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<緊急速報>本日、7月16日、今から消防法により建物の一部を破壊する! 御林守河村家を守る会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる