御林守河村家を守る会

アクセスカウンタ

zoom RSS 『むらからの発信』

<<   作成日時 : 2009/04/13 08:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ナギナタガヤが、穂をつけました。

郷土史研究会の大石孝さまがそれを教えてくださったのでした。

穂が実り、
やがて風にのっていちめんに種がまかれたとき、
梅園はナギナタガヤにおおわれて、
それは自然にたおれるから、
草刈りの手を要しなくなるということでした。

ほんとだといいな。

ところで、
大石さまが本を出版されました。

『むらからの発信』です。

もうすこし正確に言うと
『二十一世紀を見すえて むらからの発信』
というのです。

いままでにも七冊の著書を出された大石さまは、
静岡県立農業試験場を退職されたあと
農協の監事を三年、
その後、金谷地域退職者福祉共済会会長、
金谷町シルバー人材センター理事長などを歴任しています。

地域農業の歴史と現状を常に発信しているのです。

文化財審議委員をつとめていらっしゃったこともあって、
地域文化にも造詣の深い方です。

農業関係者、茶業関係者、農協関係者などにとって、
必読書と思います。

お申し込みは、下記電話でどうぞ。
(株)インプレンタ・アイティオー
054−281−6316

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『むらからの発信』 御林守河村家を守る会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる