龍文堂炭壺(2)

画像


これは長火鉢の鉄瓶のよこにならんでいたものです。

私が幼いころには、長火鉢の灰に半分埋めてつかっていて、
炭壺(すみつぼ)と呼んでいました。

つまり火消しのための龍文堂炭壺です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック