刀剣(11)

画像
(写真は 祖先実戦使用 備前長船永光)

刀剣(12)

哀しみを感じたので、
夜の奥座敷に端座して、
ひさしぶりに剣を抜きました。

剣の青みは心をしずめます。

手にしている備前長船永光は、
祖先が戦場で実戦に用いた刀で、
すこし痩せています。

霜が降りたような月明りの庭に
素足でおりて、
庭石を足裏で確かめ、
剣を上段にかざし、
一振りして、
蝋梅の枝を落としました。

香りのつよい蝋梅の枝を、
仏壇の花生けに挿し、
私はふたたび奥座敷に座りました。

刃をしらべても傷はなく、
砥の粉を打ち、油を引いて、
懐紙でふき取ると、
剣尖に月光を流しました。

しばらく月を浴びていると
いつものように
私の足は森へ向かいます。

月に青くけむる森のなかに、
梢が切れて、
月明かりが、丸く溜まっている場所があるのです。

その中心に立って、
私はしずかに真剣を抜きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック