冑佛について

画像
(過去の記事をお読みになりたい方は、こちらへどうぞ
 http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/


来週月曜日、
3月9日午前9時からFM島田で放送される『冑佛伝説』の取材は、
昨日終わりました。

すべてはひとつの伝説から始まりました。

「冑佛(かぶとぼとけ)
 それは戦場でご先祖さまが兜の中に入れて戦った仏さま」

この伝説が、すべての出来事の発端でした。

かぶとぼとけ、この呼称は、
静岡県島田市大代の「御林守河村家」に伝わるオリジナルの名です。

つまり、
現在ネット上で一般的に使われている「かぶとぼとけ」の名称は、
我が家のオリジナルの呼び名が一般化されたものなのです。

平成6年3月に、私が『冑佛考』を発表してはじめて、
「かぶとぼとけ」の呼び名は世に広まったのです。

つまり、
『冑佛考』が発表されたと同時に、
「冑佛」の概念があらたに誕生したというわけです。

(体調不良につき、つづきは後日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック