山岡鉄舟鉄扇(5)

画像
(写真は 山岡鉄舟)

島田市博物館企画展「島田の刀鍛冶と天下三名槍」開催中! 
http://shimahaku.jp/ シェアで応援お願いします!

山岡鉄舟鉄扇(4)

山岡鉄舟がどれほど凄いか、
このエピソードだけで充分でしょう。

勝海舟が江戸開城と決したことを、
駿府までせまっていた東海道先鋒軍司令官西郷隆盛に告げるべく、
官軍ひしめく中、
「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」
と大音声をあげて西郷と面会したというのです。

慶応4年3月9日のことです。
江戸総攻撃を3月15日としていた西郷は、
鉄舟の言をうけて13・14日に勝海舟と会談しました。

会談によって江戸総攻撃は中止、
江戸無血開城と決まり、
あやうく江戸は戦火を免れることとなったのです。

もちろん西郷も偉人ですが、その西郷隆盛をして
「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、
 そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」
と言わしめたのですから、
山岡鉄舟のはかりしれぬ凄さがうかがえます。

鉄舟は、はじめ千葉周作らから北辰一刀流を学び、
のちに一刀正伝無刀流の開祖となった剣の達人でありました。

維新後は徳川家達に従って静岡藩に下り、
明治4年に新政府に出仕、
各県の参事・県令を歴任して、
明治5年から明治天皇の侍従として仕えました。

鉄舟が亡くなると、
「鉄舟亡き世は生きるに値せず」と殉死者が後を絶ちませんでした。

つづきはまたあした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック