テーマ:過去ログ

御林守について

(「本家普請大工木挽金諸入用目録帳」寛政五年 島田市指定文化財 御林守河村家所蔵) 周知のことだが、 江戸時代には、燃料は薪(たきぎ)と炭、建築資材は材木であった。 すなわち、現在の石油や電気、ガス、といった燃料や、 また、鉄骨やコンクリートなどの建築資材のすべてを、 江戸時代には、山林が供給していた。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPと農業専従者(5)

私自身は農業をしていませんけど、 農家として登録されているので農地を買うことができるのです。 つまり、農地を買えるのは 農家として登録されている者に限られるのです。 (すでに法律が変わって、  農業法人が農地を買うことができるようになったようですね) しかし実際のところ買おうとしても高くて手が出ません。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPと農業専従者(4)

食料自給率を40%から70%に向上させた イギリスについて調べてみました。 二度の世界大戦時に深刻な食糧不足に見まわれた政府が、 「Food from Britain」 という強い政策的意志をもって実行したから 農業従事者もそれに従った、 というのが自給率向上の背景でした。 いまの日本で戦争が起こることを心配するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPと農業専従者(3)

2000年の食料自給率をWikiで調べてみました。 アメリカ 125% イギリス  74% フランス 138% ドイツ   96% イタリア  73% カナダ  161% 日本    40% なんだか日本の自給率だけが極端に低いように思えます。 2006年には、日本の自給率は39%まで落ち込んだようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPと農業専従者(1)

TPP問題で、 食糧自給率の話題が取りざたされています。 いちど荒らした土地は 簡単には田畑に戻らないことをごぞんじでしょうか? 白魚のような手をしたテレビタレントたちが、 農業の生産性を上げよう、 などと絵空事を言っています。 しかし残念なことに農地は生き物なので いちど死んだ農地をもとに戻すのには 長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりの衝撃ゆえに

『心と脳に効く名言 言葉と測りあうために』茂木健一郎著。 第十章、小津安二郎の一節を読んで、衝撃を受けた。 芸術の核心を突いている。 私もブログを書かずにはいられずに、書こうとしたが、 一昨日からの風邪薬のせいで頭が朦朧としている。 それで、私の過去ログからいくつかの文章をひいてきて、 この衝撃の意味を少しで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島田市指定文化財「御林守河村家」の歴史(1)

[島田市指定文化財]御林守河村家 「御林守河村家住宅」と愛猫ラキ 先日、河村城址保存会から 「河村氏子孫 河村隆夫様」と書かれた招待状が届いた。 ということで、9月25日に、 神奈川県山北町主催の「河村祭」に出席することとなった。 それで、 もう一度私の家の歴史を確認しようと思って、 過去に書いた歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Secret Cave

[島田市指定文化財]御林守河村家 (処女作『思い出』掲載雑誌) 秘密の洞穴 私が19歳のときに書いた「思い出」は、 その内容のほとんどが創作だが、 少年が洞穴にはいってゆく場面は実際のできごとなのだ。 それは小学校四年生のころのこと。 文殊堂の建つ庄司の山肌に、 ふかい洞穴があることを小耳にはさんだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学力から見える現代

[島田市指定文化財]御林守河村家 (ゆとり教育では、円周率が3でもよいとしている。つまり、円周と内接正六角形の周囲が等くなる) 学力は低下していない?(1) 小六・中三対象の全国テスト結果から、 文科省は「学力は低下していない」と強調しました。 ホントかな? この秋で、私の塾は30周年を迎えることになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の訪問者・佐藤泰志のこと

[島田市指定文化財]御林守河村家 (見出しの佐藤は佐藤泰志、谷島は私・河村隆夫のペンネーム) もう十年も前のことになる。 陽ざしのふりそそぐ正午ちかく、 玄関にハイキングのご夫婦が立っていた。 用件をたずねると、 掛川から倉見川をさかのぼって 大代川の上流から金谷へむかう途中で 「河村家住宅」を見にたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンスパンも苦笑する

[島田市指定文化財]御林守河村家 ずいぶん前のことだが、 若いひとにグリーンスパンの言葉を話すことがなんどかあった。 それは新聞の読みかじりで、正確におぼえているわけではないけれど、 たしかこんな言葉だった。 「私の言う言葉の意味をすぐに理解できたとおもったら、  それは誤解したのだ、と考えてくれ」 とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村義男名誉教授から送られてきたものとは

[島田市指定文化財]御林守河村家 中村名誉教授は北大時代に教えて下さった先生のひとり。 その北大の中村義男名誉教授から送られてきたのは 何だったのか。 日本経済新聞に私の記事が掲載されたのは 平成16年11月17日だったから、 それからちょうどひと月ほどたって それは送られてきた。 先生のお葉書の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教授からの葉書

[島田市指定文化財]御林守河村家 平成十六年の秋だったから もう六年ほどまえのことになる。 その絵葉書は封筒に入って送られてきた。 裏返すと、差出人は北大の中村義男名誉教授。 北大時代の教授だった。 日付は平成16年11月17日になっていて、 ちょうどそれは、 私の文章が日本経済新聞文化欄に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルコール・ランプのあわい緑色は

[島田市指定文化財]御林守河村家 「お宝シリーズを書くの?」と妻がきいてきた。 私は、はたと頬杖をついて考えた。 たしかにこのところ書画の話がつづいたが、 我が家にそれほどのお宝があるはずもなく、 ましてやお宝シリーズなどできようはずもない。 なにも売らない、なにも買わない、 をモットーにして守って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャガールはなぜ驢馬を描く?

[島田市指定文化財]御林守河村家 シャガール展を見た。 Quay of Bercy(Le Quay de Bercy) と題された絵のまえで立ち止まり、 後ろのソファーに座ってながめているうちに 眠りに落ちた。 青い驢馬の夢をみた。 目ざめたとき それは絵の右上に描かれた驢馬なのだと気づいた。 夢…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

カバヤのドロップ

[島田市指定文化財]御林守河村家 『緑の館』もそうだが 40年前に読んだ文庫本のほとんどは 私の書棚から消えてしまった。 それは記憶の中にしか残っていない。 オードゥーの『孤児マリー』なんかもそのひとつ。 ラクルテルの『反逆児』、 シュティフターの『水晶』、 ガルシンの『紅い花』、 ロープシンの『青ざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール

[島田市指定文化財]御林守河村家 フェルメール展をみることにした。 早朝だったから100人ほどの列ですんだ。 会場はラッシュアワーのようで 順番にみていたら一日かかってしまうほどだった。 さきにお目当てのフェルメールだけをみることにした。 ヘッドフォーンの解説を聞きながら やがて解説が途絶えたあとも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者たちへ

[島田市指定文化財]御林守河村家 二十歳の青い苦悩と いまの枯れてゆく悲しみと 比較することなんてできない。 でも老いてゆくことは ほんとに悲しみだけなのか。 確かに眼は見えにくくなって 簡単な字も忘れるし 一分前に言えた名前も言えなくなるし、 良いことなんか何もないように思えるけれど 年を重ねることは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙線

[島田市指定文化財]御林守河村家 版画家の友人高橋シュウと 拡散霧箱を見た。 それは上野の国立科学博物館。 少年のころから 多くの科学書でウィルソン霧箱の写真を見て、 いつか宇宙線の飛跡をこの眼でみたいと願ってはいたが、 実際に見ることはないのだろうと諦めていた。 ついにそれを見たのだ。 博物館地下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイモン・ラディゲになれなかった

[島田市指定文化財]御林守河村家 「ぼくはもう二十歳なんです。  それなのにひとつも名作が書けなかった」 私はそういって声を上げて泣いた。 教授は目を丸くして 「そうか」 とつぶやくように言って、うつむいてしまった。 窓に、札幌の雪が降っていた。 二十歳の私は ランボーやラディゲと競うつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『十五少年漂流記』が好きです

[島田市指定文化財]御林守河村家 熊懐(くまだき)女史は フランス語のTOIEC980点という 極めつけの才女だった。 数年前、 島田進学スクール講師に応募してきたから、 その採用面接をしたときのこと。 「広島大学の博士課程では  どのようなフランス文学を専攻されたのですか?」 「ラブレーです。ガルガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女と容貌

[島田市指定文化財]御林守河村家 もう二十年も前のことだけれども、 塾の生徒に目つきのするどい少女がいて、 私もすこしおそれていました。 なぜって、眉毛も目じりもつりあがっていて、 にらまれたら膝がふるえそうな相貌でした。 それは授業中のことですから、 私も気のよわさをあからさまにするわけにもいきませんので、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草の実のてっぽう

[島田市指定文化財]御林守河村家 ぼんやりと考えごとをしているうちに、 窓のそとはあかるくなりました。 道路ぞいの灯りが、 それはまわりの明るさでスイッチが入ったり消えたりするのですが、 ちょうどその端ざかいのときで、 蛍光灯がついたり消えたりをくりかえしながら、 やがてまわりがすっかりあかるくなって、 つい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦争(再掲)

[島田市指定文化財]御林守河村家/a> 午前中、静岡東宝で「宇宙戦争」をみてきた。 午後は島田の塾にもどり、 試験直前だからとせがむ高校生たちに数学をおしえて、 夕方六時半ごろ帰宅。 夕食後、ソファーで横になっているうちに、眠りに落ちる。 目ざめたのは七時すぎ、家のなかが真っ暗だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆笑東大オーラ(再掲)

[島田市指定文化財]御林守河村家 私の大学受験の年は、 かの安田砦の攻防戦があった年で、 長い東大の歴史の中で たった一度だけ東大入試の行われなかった年でした。 つまりその年の東大入学生はいないのです。 翌年の東大入試は現浪あわせて 例年の2倍以上の倍率となりました。 あの頃の入試会場のアジ演説が、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テッペンカケタカ(再掲)

[島田市指定文化財]御林守河村家 ホトトギスからウグイスへ 森の声が入れかわる季節。 ウグイスの初音をきいたばかりと思っていたのに、 谷間のいちめんにきこえていたその声は もうすっかり杜鵑(ホトトギス)の 鋭い声に変わっている。 杜鵑に托卵された鶯は 卵を我がものと思い けなげに温め やがて雛がかえって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕末日欧決戦!(etude232)(再掲)

[島田市指定文化財]御林守河村家幕末日欧決戦 英国公使館襲撃事件は文久二年十二月のこと。 後の総理大臣伊藤博文も火付け役として参加している。 欧米列強と決戦すべし、 と、その日老中首座は決断した。 翌日から、幕府は極秘裏に計画を進めたのである。 全国の漁村から、 老朽化した船が、 ひとつまたひとつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀川翔と(再掲)

[島田市指定文化財]御林守河村家 哀川翔と握手してきました。 奥さまとも。 どうして、と思われるかもしれません。 じつは、昨夜は目黒の雅叙園で (社)日本甲冑武具研究保存会の 評議委員会、総会があったのです。 懇親会のあと、 専務理事三浦公法先生のお伴をして帰るとき、 クロークに傘とコートを預け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

月の蝶(再掲)

[島田市指定文化財]御林守河村家 四季の風景を録画して 皆さんに楽しんでいただこうと思う。 たとえば鳥の声、 せせらぎ、 風の音など。 あるいは桜、 そして新緑に匂い立つ森、 銀杏、 やがて谷間を染める紅葉など。 それからホタル、 しかしなによりも 月。 ひとり月光を浴びて 青ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁起観?(再掲)

[島田市指定文化財]御林守河村家縁起観? 「此生ずるに依りて彼生ず。此滅するに依りて彼滅す」 ホントかな?と思う。 以下は、講義中に思いついた走り書き。 ********************** 原因があって結果があるわけではない。 このような結果を招いたのは、 おそらくこれが原因ではなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more